社員紹介

営業 関口 竜也

営業
関口 竜也
営業本部 エンジニアリング営業部
東部営業課 主任
2006年入社

大学の経済学部を卒業後、自動車販売、印刷会社の営業職を経てFSPに入社。営業本部のエースとして大手代理店やゼネコンなどを担当。大型案件も数多く納入し、得意先からの評価も高い。東京本社勤務。

スムーズな進行管理には設計や現場との協力が欠かせません。

東京本社には約20の営業マンがいて、入社半年の社員から上はベテランまで幅広いキャリアの者が働いています。新人が配属されると、リーダーとサブリーダーを決めて半年間しっかりサポート。リーダーが不在のときなどは、必ず課内の誰かがフォローして同行するなど、しっかり成長を見守ります。独り立ちして顧客を担当できるようになるまで半年間くらいですね。

私はいま入社10年目ですが、ようやく一人前になれたかなと思ったのは3年目ぐらいでした。それまでは数坪の小さな物件を任されていたのですが、はじめて食品物流センターの大型冷蔵倉庫を担当。ようやくゼロから完成まで一人でやりきれた、という達成感がありましたね。
営業の仕事は外部のお客さまとだけでなく、社内の開発や設計担当者、工事の段取りをする工事課など各部署との関わりも密で、いろんな情報が出入りする“ターミナル”のような役割を担います。

ときには朝から現場へ行って工事・施工を行う職人さんたちとラジオ体操をして、ということもあります。はじめは現場の雰囲気に少し戸惑いましたが、いまはすっかり馴染んでいます。職人さんたちと気心が知れるようになることで、作業がスムーズに運ぶという効用もあると感じています。やはり人間関係が仕事の成果に及ぼす影響は大きいですからね。「この人に任せれば、大丈夫」と、お客さまや仕事仲間に思ってもらうことが、営業マンとしての強みになります。仕事が評価されて次につながったときは、プロフェッショナルとして認められた気がして、やはり嬉しいですね。

ある1日のスケジュール

8:40
出社
8:50
朝礼
9:00
社内業務

見積もり作成、工場へ製品を手配、現場工事の手配や日程調整、他。

11:00
外出

得意先訪問、現場打ち合わせ、他。

16:00
帰社

見積もり作成。上司に報告・打合せ。

19:00
業務終了